武器人間ジャケット

 

ちまスプの皆様はじめまして。
オフ会等でお会いしている皆様、半ばはじめまして。
片刃と申します。

今回初めて部活動日誌に参加させていただきます。
オフ会にも出させていただいたことですし、この機にと思いお送りしました。
日誌の中ではかなりライトな感想の部類になりそうですが、
何卒よろしくお願いいたします。

今回は『武器人間』を書かせていただきます。

 

 

第二次世界大戦下、ナチスドイツとソビエトの攻防が続く東部戦線。
味方からのSOS信号を受信したソ連の特殊部隊は、発信元と思われる教会に辿り着いた。
しかし、発見したのは死体の山と、謎の地下施設と、おぞましいクリーチャーの数々。
そこでは、フランケンシュタイン博士の末裔が、人体と機械とを融合させた改造人間を
製造していたのだった。

 
ソ連の特殊部隊に同行した戦争プロパガンダ映画撮影班のフィルムに残されていた映像……という設定のはずだが、フィルム映像がノイズなしでクリア! ナチスもソビエトもノー母国語で英語ペラペラ! このあたりで時代背景だの軍事知識だの細かい話は、もともと詳しくもないけどぶん投げました。
 
ディミトリPOVものにおいて最後までカメラを回し続ける奴は、報道義務にあふれすぎているか単にウザいだけというパターンが多い。本作のカメラマン=ディミトリは、実は切羽詰まった背景があるとはいえ、ウザいどころかPOV主人公トップクラスのクズ男である。そんなクズが映して回るのはどうにもまとまりのない部隊で、彼らがモメたりブチ切れたりして、最終的にご対面するのはマッドサイエンティストで、さらにその後……と、人間はみんなロクな奴じゃない。
 
その点武器人間たちは、みんな任務(=殺戮)に忠実で、作り主に忠誠心があって非常にエラい。口にドリル、手がハサミ、頭がプロペラだったりアイアンメイデンだったりと重量感たっぷりで、洗練されているとはいえないがオタク心に刺さるデザイン。『アイアン・スカイ』もそうだが、黒々とした重金属はなぜかナチスと相性がよく、オタク心にもフィットする。ただし、インパクト重視で作られているので細かい造形美については放ったらかし。特に生体パーツのツギハギは多少どころじゃなく粗いが、だいたいマッドサイエンティストは思いつき第一ゆえに作業が大ざっぱなのでそこはご愛嬌。
 
しかし、明らかに殺傷用に作られていながら、ギリギリまで近づいているはずのディミトリに大した傷も負わせられていないのは、やはりみんな頭が重くて視界不良なんじゃないですかね。「武器人間」としては致命的なんじゃないですかね。プロペラマンケーブル一本切られたら停止しちゃうプロペラマン、大丈夫ですかね。殺傷用じゃなくて助手として作られたオッペンハイマーさんやエヴァちゃんやポッドマン(別名ハンス君)のほうが使える子なんじゃないですかね。特に、博士の後をよちよちついて回るハンス君の愛らしさときたら! まぁ、欠陥があるところがまた可愛いのは、武器人間みんな同じですよ。言うまでもないけど、彼らを「可愛い」と思えるのは、脳ミソや内臓のモロ出しに耐えられる人に限る価値観なんでしょうかね。

ちなみに、フランケンシュタイン博士を演じたカレル・ローデンは、『ヘルボーイ』でラスプーチンを演じ、奇しくも怪人としてナチスとソ連を渡り歩く俳優になってしまった。今回も常人では理解できない新世界への道を開くべく、新人類の誕生に熱を注いでいる。博士が理想とする脳手術が完了するときの「ちょっと共産主義が多いな……」や「また作るさ!」というざっくりかつポジティヴな名言には、天才の思考力って半端ねぇなと脱帽したものです。
フランケンシュタイン博士
 
 

Written by 片刃[@kataha_at]
2015年1月18日 映画・ロック地獄サバイバル法 掲載

※「映画・ロック地獄サバイバル法」は私・片刃の個人ブログです。
※転載にあたって部分的に修正しました。

 

広告

ちまつり!スプラッター部 について

ちまつり!スプラッター部(略称:ちまスプ)は、スプラッター、スラッシャー、スリラー映画が好きなひとのための部活動です。 絶賛部員募集中!! 詳しくは「ちまスプとは」をみてね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中