『悪魔の臓殖 / ザ・デビル』ジャケット

製作年:1981年
製作国:香港
監 督:チャング・リュー・チャット
出 演:チョー・シャオ・ドング, チェン・ハング・リュー

 

2回目のレビューになります。
今回は『悪魔の臓殖 / ザ・デビル』です。


image2
 

●あらすじ●

男がある日、ホテルに泊まりそこのオーナーの娘と結婚することになった。しかし、その男は女を騙して金を奪っていた悪党!その後、正体がバレてホテルの権利書を盗み、ホテルを売却しようとする。
もう我慢できない親族たちは呪術師を頼って復讐しようとする…

 

image3
 

●感想●

香港製ゲテモノスプラッターホラー映画の決定版!(多分この作品しかないと思うけど。)
ウジの湧いた臓物にミミズに緑色の嘔吐物…ここまで徹底的に視聴者を不愉快にする香港映画はそうそうないでしょう。ミミズを口にくわえる役者も大変だったでしょうに。
Z級映画の部類ではありますが、個人的にはここまで頑張った(ゲテモノ的な意味で)香港ホラーは今まで見たことがなかったので良作じゃん!と思っています。
特殊メイクも気持ち悪く仕上がっていますし、したすらミミズを吐き続け、緑色の血をプシューって切断された腕から吹き出すシーンも最高でした!
主役の男も良いクソ野郎でした!
ゲテモノホラーが好きな方にはオススメの一本です。

 
 

Written by 復讐のネイルガンマン[@lupin_0606]

 

広告

ちまつり!スプラッター部 について

ちまつり!スプラッター部(略称:ちまスプ)は、スプラッター、スラッシャー、スリラー映画が好きなひとのための部活動です。 絶賛部員募集中!! 詳しくは「ちまスプとは」をみてね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中