1
 

はじめまして! 部員のクロケットです。
今回、ご紹介する映画は奇才ダリオ・アルジェント監督の1977年のホラー映画『サスペリア』。
もう35年以上前の映画なんですね。
知名度が高いのでご覧になっている方も多いのではないかと思いますが、
今見てもスタイリッシュな映像は健在です。

極彩色の映像ゴブリン悪魔的サウンドの音の洪水に酔いしれっ!


 

ニューヨークから来たスージー・ヴァニヨンは豪雨の中、空港に降り立った。
ドイツの名門バレエ寄宿学校への入学のためである。なんとか夜にタクシーで学校
に到着すると、パットという女性が学校から飛び出してきた。
「扉の影に秘密のドアが、アイリスが3つ、青を回して・・」
と謎の言葉を残して去っていく。スージーは中に入れてくれるよう頼むが門前払い
されてしまう。
パットは女友達の家に泊めてもらうが、友人共々、何者かに惨殺されてしまう。
翌日から、登校したスージーはバレエ学校に潜む謎に近づいていくことになる。
そこで彼女が見たものは、身も凍りつくような・・

 
2
見知らぬ異国の風景に豪雨。言葉は通じない。アメリカからやってきた若い娘スージーはいきなり、不安な苦境に立たされる。
そして、おどろおどろしく鳴り響く悪魔のロック。
本作は冒頭からテンションがマックス状態でつっぱしる。ここから観客は、アルジェント監督の映像の魔法に取り込まれることになる。

外国からヨーロッパに来た主人公が事件に巻き込まれるパターンは『サスペリアPART2』『フェノミナ』などアルジェントの作品で繰り返し使われている。アルジェントが好むシチュエーションなのであろうか。

この映画の魅力の一つは幻想的な映像美である。血のような赤で塗られたバレエ学校の壁、ステンドグラスのガラス窓。幾何学模様の壁紙などの舞台装置に加え、赤、青、緑の原色の光と闇、美しいけれども異次元にいるような怖さがある。この中で世にも残酷に若い美女たちが蜘蛛に囚われた蝶の様に殺されていくのである。

3

もうひとつの魅力はイタリアのプログレッシブ・ロック・グループのGOBLINの音楽である。かつてラジオのホラー映画音楽特集でこの曲をテープに録音したのだが、取り憑かれたようにこのテーマ曲を何度も聞き返した。このテーマ曲は中毒性があるので注意!

また、特にアルジェント初期作品で仕込まれていた謎解きの複線もヒッチコック的で楽しめる。本作では3本のアイリスの色がキーワードとなっている。まあ、アルジェントの映画ではストーリィは途中からどうでも良くなってしまうのではあるが。
 

以下はご存知だと思われる小ネタである。

  • 『決して一人では見ないでください。』というキャッチコピーが劇場公開時に話題となった。このTVスポットが小さい頃のトラウマなのだが誰か映像をお持ちでないであろうか。
  •  

  • サーカムサウンド(音響立体移動装置)という仕掛けを売りにしていたが、これは『デアボリカ』から採用されたシステムで、前方3個のスピーカーに加え左右・後ろに5個のスピーカーを劇場に設置して計8個のスピーカーを使用したサラウンドシステムであった。
  •  

  • インフェルノ』『サスペリア・テルザ 最後の魔女』とあわせて魔女3部作と呼ばれている。『サスペリア』は次女のマーテル・サスピリオルムの物語である。
  •  

  • 日本公開時に映画を見て死亡したときのために1000万円のショック保険がかけられた。
  •  

  • コダックのフィルムを用いたテクニカラーという技術で、映像を赤、青、緑といった三原色に分離し再合成する方式である。本作では特定の色を抜いたりして舞台劇のスポットライトのように原色の色合いが強調されている。
  •  

  • 冒頭、空港ですれ違うのはアルジェントのパートナーでアーシア・アルジェントの母親でもあるダリア・ニコロディ。下写真左。最初は彼女が主演の予定であった。大きく原作に貢献している。
  • 4
     

  • 映画の中で幽霊が写っていると話題になったタクシーの中で叫んだ人の顔が映りこんでいるのはアルジェントが意図的に仕組んだ自身のものである。下画像の左下の運転手の首のところに・・。
  • 5
     

  • パットの死体の足元の血だまりは、ほうきに乗った魔女をイメージしている。下画像をよく見てほしい。
  • 6

 

<キャスト>

スージーを演じるのはジェシカ・ハーパー。童顔なところが本作のイメージにぴったりであった。
彼女はブライアン・デ・パルマ監督のオペラ座の怪人のアレンジ作品『ファントム・オブ・パラダイス』でヒロインをつとめている。
最近は料理のブログを立ち上げている。
JessicaHarper.com

スージーの友人となるサラを演じるのはステファニア・カッシーニ。最近では映画監督や脚本家もこなしている。

左がジェシカ・ハーパー、右がカッシーニ

左がジェシカ・ハーパー、右がカッシーニ

パット役はエヴァ・アクセン。美人女優なのだが、毛むくじゃらの腕に掴まれ、窓ガラスに押し付けられて世にもひどい顔になってしまうところが可愛そうである。
89

バレエ学校の理事長を演じるジョーン・ベネットおよび主任教師のターナーを演じるアリダ・ヴァリ。若いころベネットとアリダ・ヴァリは美人で人気女優であった。
10

 

<参考資料や宣材など>
サスペリア』およびダリオ・アルジェント監督の映画を深く知りたい人の参考資料や宣材

『ダリオ・アルジェント/恐怖の幾何学』書籍  日本一のダリオ・アルジェント研究家矢澤利弘氏の研究本。

『ダリオ・アルジェント   
   /恐怖の幾何学』書籍
 日本一のダリオ・アルジェント研究家矢澤利弘氏の研究本。


『TRASH-UP!!』書籍 特集ダリオ・アルジェントの03号

『TRASH-UP!!』書籍
特集ダリオ・アルジェントの03号


劇場配布のチラシ

劇場配布のチラシ


爆音映画祭のチラシ

爆音映画祭のチラシ


アルティメットコレクションDVDのチラシ

アルティメットコレクションDVDのチラシ


サスペリアの名前が含まれたホラー映画のVHS。内容はまったく関係ない。 『新サスペリア』

サスペリアの名前が含まれたホラー映画のVHS。内容はまったく関係ない。
『新サスペリア』


『サスペリア・ナイトメア』

『サスペリア・ナイトメア』


 

サスペリアのテーマを無意識にくちずさんでいたならあなたは既に魔女の虜囚になっているのかもしれない。
 
 

決してひとりでは見ないでください・・・

18

監督:ダリオ・アルジェント
出演:ジェシカ・ハーパー
音楽:ゴブリン

 
 

Written by クロケット[@crocket8314]

 

広告

ちまつり!スプラッター部 について

ちまつり!スプラッター部(略称:ちまスプ)は、スプラッター、スラッシャー、スリラー映画が好きなひとのための部活動です。 絶賛部員募集中!! 詳しくは「ちまスプとは」をみてね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中