28日後
 

感染すると激しい怒りに支配され凶暴化してしまう、
新種のウイルス「RAGE」が蔓延したロンドンを舞台に、
生き残った数少ない者たちを描いたこの作品。
ウイルス感染により凶暴化する、ゾンビものの亜種っていうのかな。
いわゆる感染モノです。

 

「ケンブリッジ霊長類研究センター」に侵入した動物愛護活動家たち。
彼らは実験動物解放を訴えるために、この施設の動物を解放しようとしていた。
だが一人の研究員に見つかってしまう。彼は「ここにいるチンパンジーは凶暴性
に感染している」「血液と唾液からひと噛みで感染が広がる」と危険性を訴えるも、
活動家は耳も貸さずにチンパンジーを解放してしまう。
するとチンパンジーは活動家に襲いかかり、首に噛み付く。と、途端に活動家も
うなり声をあげ、血走ったような目つきで他の人間に襲いかかる。

28日後…。
病院のベッドで目覚める全裸の男性。周りには誰もいない。
彼は見つけた手術着と靴を着て、閑散とした病院内をうろつき、拾ったペプシで水
分補給して、病院の外に出る。だがロンドン市街を歩き回っても、どんなに叫んで
も、どこもかしこも静まり返って人影すらない。むなしく飛び交う鳥たちと、横転
したバスやトラック。新聞には「英国民、集団脱出」の文字。大切な人に宛てたで
あろう、無数の張り紙。いったいこの国に何が起きたのか、そして一人ぼっちの彼
はどうなってしまうのだろうか......

 

【楽しめるかも】

  • 動きがノロマなゾンビなら、自分は逃げ切れるって常々おもっているひと
  • 人間性に対して問いかけるような、エッジの効いた作品が好きなひと
  • ダニー・ボイル特有の「生きる」ことをあきらめないお話が好きなひと

【楽しめないかも】

  • 爽快アクションが全編通して繰り広げられるホラーが好きなひと
  • びっくり恐怖を楽しみたいのに、そこで人間性がどうとか問われるとげんなり…っていうひと
  • ジョージ・A・ロメロの描いた「ゾンビ」を崇拝していて、走るとか冗談じゃないぜ!っていうひと

 

ジョージ・A・ロメロが完成させた「ゾンビ」というキャラクターは、単体では大したことないけど、大群になって初めてその真価を発揮する。
でもこの作品の感染者は疾走します。陸上選手ですかってくらいの走りっぷりをみせます。
まぁ、生きている人間が「ブチ切れウイルス」に感染して…ってことだから厳密には「ゾンビ」ではないし、死体が蘇った「ゾンビ」より元気ってことなんだろうね。それに尋常じゃないくらいの怒りに感染しているので、目に入った相手に突進するのも無理もないっていう。
なによりも特徴的なのが発症にいたるまでの速さ。感染したらものの1分もしないうちに発症、潜伏期間もくそもあったもんじゃない。さっきまで手をつないでた相手が自分を襲ってくる。そんなだから、爆発的に感染が広がってく。こんなウイルスちょうこわい。
さすがスタイリッシュな映像センスを持つダニー・ボイル監督。便器からユアン・マクレガーを這い出させるだけじゃ飽き足らず、荒廃した終末感あふれるロンドンに凶暴な感染者を全力疾走させた。クールだね。

ストーリーは感染モノによくある、生き残った人たちが安全なコミュニティを探して旅をしたり、生きるために戦ったり、希望を失って絶望したりするっていうもの。でもさすがというか、イギリス人監督のダニー・ボイル作品なので、アメリカ人監督の描く感染モノとは雰囲気がちょっとちがう。
とにかく、いくつかのポイントはスピーディに、あとは静かにじっくり描いて、メリハリが効いて必要以上に派手にならない、でもおしゃれ。クライマックスにむかって、渋滞中のゴーストップみたいにゆっくり、じわじわと上り詰めていく感じ。人によってはテンポが悪いと感じることもあるかな。でも、このもったいぶったようなところが、イギリスっぽさだと個人的には思うの。

ベッドで目覚めた主人公が一人前の男になっていく成長物語と、現代社会におけるウイルスの脅威への警鐘作品なので、ホラーというよりはドラマ要素のほうが強いんだよね。ひじょうに好みの作品でした。

28日後3凶暴性を発症してしまう心因性ウイルス「RAGE」。
ボイル監督によれば、これに感染した人間は「運転中に怒っている人間の怒りを100万倍にしたくらい凶暴」なんだって。ちょうおっかない。この「ウイルスの脅威」はこの作品のテーマの1つだそうです。つまり、ウィルスの脅威が年々勢いを増しているっていう事実が根底にあって、「この作品で描かれていることは近い未来に起こりうる事であり、我々はそのことを認識しなければならない」っていうこと。
『28日後…』が撮影される数ヶ月前、イギリスでは口蹄疫(ウシ目の伝染病)が大流行して、500万匹の動物が大量処分されたらしい。この口蹄疫の感染力や感染速度はすさまじく、作品づくりにも影響を与えた。
動物の伝染病で怖いのは、それが種族を超え人間に感染するものになる可能性があるから。たとえば「エボラ出血熱」は、自然宿主のコウモリから猿に感染し、猿から人間に感染したと考えられているし、コウモリから直接人間に感染したとも考えられている。「HIV」は、霊長類を自然宿主とする「サル免疫不全ウイルス」が突然変異で人間に感染できるようになったものだといわれてる。『28日後…』でも「RAGE」の感染源はチンパンジーだった。実際、動物から人間に感染する病原体は400種類以上ある。
様々な動物を飼えるようになった現代。無防備に動物との接触を行うひともいるわけで、そんな身近で潜在的な恐怖が『28日後…』の根底にあるんだね。

「凶暴性」も、この作品のテーマ。
感染者は「凶暴性」に支配されてほかのすべてを無くすけど、感染を免れた者達には理性があり「生き残る」ために手段を選ばなかった。「生き残る」ために感情を殺すことも、凶暴になることもできた。「凶暴性」は感染者だけでなく非感染者にもあって、きっかけさえあればそれが顔を出す。感染を免れた数少ない生存者たちそれぞれの生き残り方。そこに非感染者の凶暴性は現れたんだよね。
kinopoisk.ru「たとえ仲間でも、感染したら一瞬で殺す」と言ったセリーナに、「僕にはできない」と言った主人公ジム。そんなジムも、知り合いでもない感染者なら、相手が子供でも顔色一つ変えずに殴り殺す知り。わざと感染者をおびき寄せ殺したジムの行動は、感染の脅威によって両親と平和な日常を失った彼の、不条理への怒りによる「凶暴性」の現れなのかもね。
クライマックスに向けて描かれるのは、理性によって再建を目指し「凶暴性」をさらけ出した者と、理性によって自らの大切なものを守ろうと「凶暴性」をさらけ出した者の対比。この非感染者のあり方の対比はかなり秀逸だとおもったの。どちらも、彼ら自身にとっては「生き残る」ための希望を見出す手段だったのよね。ひとりは「繁殖して国を建て直す」ため、ひとりは「家族と共にある」ため。状況が違えば、この2つは共存できる希望だったのに。

こうした対比とともに描かれるもう1つのテーマが「父親像」ね。
まず初めに描かれる「父親像」は、ジムの父親(だいぶ干からびてたけど…)。
病院のベッドでひとりぼっちで目覚め、荒廃した街をさまよい、感染者に襲われ、すっかり変わってしまった世界に戸惑うジム。彼はセリーナとマークに出会い、自分たち以外のほとんどが死んだという事実を突き付けられる。その衝撃と不安から、ジムは自分の両親を探すことで精神を落ち着かせようとする。そもそも彼が病院の1室で生き残れたのも、ジムの両親が病院側に根回ししたからで、世界に起きた事実を知らされた時も「両親と再会する」ことを心のよりどころにすることで精神的に守ってもらっているんだよね。でもそんな両親も自宅の寝室で死んでいた。自分を守り指標となってくれた父親を、彼はここで失う。そしてジムは1人で生きていくことを覚悟する。
kinopoisk.ruその後彼はセリーナと共に家を離れ、第1の「父親像」と出会う。マンションで娘のハンナと暮らすフランクだ。
彼らに出会って家族に希望を見出すジムは、2人と一緒にいたいと感じる。やがてセリーナとフランクとハンナと共に、ジムは一路マンチェスターを目指す。彼らはその道程で家族のような関係になる。特にキャンプの場面は象徴的だよね。安定剤を欲しがるハンナのため、ジムがフランクにおねだりするシーン。そして、悪夢から起こしてくれたフランクに、ジムが「父さん」とつぶやくシーン。そんな交流を通して、ジムはフランクを信頼するようになる。でもそんなフランクも、希望を打ち砕かれてみんなにあたり散らす。脚本のアレックス・ガーランドにいわせれば、あれこそ「まさに父親」っていうシーン。だけどその結果フランクは後悔することになる。フランクも失ってしまうのだ
そしてジムは第3の「父親像」、ウエスト少佐に出会うことになる。
要塞を築き、部下を指揮するウエスト少佐は、厳格な父親といった様子。ジムと少佐が庭を見ながら少し離れて会話をするシーンで、ここは安全だと言って立ち上がった少佐がジムの頭をなでる様子は、やっぱり父と息子という関係を象徴する場面だね。でも再建と再出発を目指す少佐は、その考えが正しいか否かは別として、ジムの希望を打ち砕く存在だった。
結局ジムは、自分自身で大切な家族を守る「父親」になる。
『28日後…』は、主人公ジムがいくつかの「父親像」を通して、自分のあり方を見つけて一人前になる物語でもあるんだね。そして彼は自分の家族を守る。

さてこの作品、現実感を出すために当時知名度の低かった役者を起用したんだって。
どこにでもいそうな普通の若者ジム。彼を演じるのは舞台俳優出身のキリアン・マーフィkinopoisk.ru美しい顔立ちと瞳が特徴ある彼は、戸惑いながらも成長していく主人公を熱演。ジムの不安や覚悟、クライマックスでは家族を守り生き抜くために「凶暴」になる様子をその表情と全身でしっかり表現していました。
ナオミ・ハリスもまた、ウイルスの脅威から逃れて感情を殺し冷静に生きてきたセリーナを力強く演じてた。マンチェスターを目指す旅を通して殺していたはずの感情が蘇るセリーナ。そうしたセリーナの変化の過程も自然だった。
ウエスト少佐役のクリストファー・エクルストンなんて、リアリストの軍人の冷酷さが身のこなしからバンバン伝わる。安全な環境を整え3人を暖かく迎えてくれた部下に慕われる立派な軍人、ウエスト少佐。でもそこには思惑があり、現実的だからこその「凶暴性」を秘めてた。そんなキャラクターを違和感なく魅せるとか、とんでもない実力派だよね。

シンプルだけど深いテーマと、素晴らしい役者たちは、イギリスの街並みが織り成す映像美の中に。デジタルビデオで撮影されたこの映像が、とにかく美しい。
荒廃した誰もいないロンドンの街、列車の通らない線路、走る車がいない高速道路、田園風景、降り注ぐ雨と稲光。そんな荒涼感あふれる映像は、ロンドン特有のやわらかい光に包まれて、いっそう時間の止まった終末世界を感じさせてくれる。
28日後1一方で、教会に何十にも折り重なってひしめく感染者、炎につつまれながら街を駆け抜ける感染者、大量の血液と感染者の怒りに満ちた容貌。こうした暴力描写は、異様で非現実的な映像として終末世界を盛り上げているように感じた。
さらにロメロへのオマージュもあったり、緊張感のなかにちょこっと気の緩むユーモラスでシニカルなシーンが入っていたりして、笑える。まあ要するに、ここまでだらだら話してきたテーマや役者の演技がどうとか、そんな小難しいことを考えなくったって楽しめる作品なんだよね。

ところで、どっかでこの作品のレビューを読んで見つけたものに「軍人が出てきて以降の展開はすごくありきたりで、シラけた…」とか、「子孫を残すために女性を求めた所は現実的で面白いが、その女を奪いあって殺し合うとは本末転倒、あまりにも愚かな展開」っていうのがあってね。
kinopoisk.ruでもそれってすごくリアリティがあるというか、実際に世界にこの作品で描かれたような事態が起きたとして、人間はきっと非感染者同士で殺し合いをすると思うんだよね。食べ物を奪い合ったり、不条理に対する怒りの爆発だったり、それらから身を守るためだったり。食事の場面でウエスト少佐が言った「4ヶ月前も、今も、4ヵ月後も、人間のやってることは殺し合い」っていう言葉がまさに真理。見えてないだけで、いまもどこかで人は何かしら殺し合いをしてる。

さてさて、そんな脅威にさらされたとして、目の前で愛する人が感染してしまったとして。
あなたは迷わず殺すことができますか?
私はどうだろうな…。一緒に逃げていた妹が感染しちゃったら…果たして私に、妹をバットでぶん殴ることができるかしら…。
というか、できないとして妹に襲われるのも怖いし、できたとしてもそんな自分が怖いっていうね…。
 

kinopoisk.ru

 

Written by はるひさ[@haruhisa1212](部長)
2004年11月20日 ブログ掲載

 

広告

ちまつり!スプラッター部 について

ちまつり!スプラッター部(略称:ちまスプ)は、スプラッター、スラッシャー、スリラー映画が好きなひとのための部活動です。 絶賛部員募集中!! 詳しくは「ちまスプとは」をみてね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中